市川聖マリヤ教会
教会での出来事

2019年01月29日
堅信受領者総会

 1月27日の主日礼拝後、礼拝堂にて堅信受領者総会が開催されました。

 堅信受領者総会とは、日本聖公会の教会では年に1度必ず行われる教会の最高意思決定機関で、昨年1年間の振り返りをするとともに、今年1年の教会としての活動方針を決める最も重要な会議です。牧師が議長を務め、満16才以上の現在堅信受領者が議員となります。

 今回は、昨年4月に渡部司祭が牧師として着任して初めての総会ということで、議長挨拶では、これからの宣教方針や教会新築に向けた意気込み等が力強く語られました。

 その後、議題に沿って議事が進行され、予定されていた議案は全て賛成多数で可決されました。最後に、昨年12月に発足した教会建築委員会の紹介がなされ、主の祈りと渡部司祭の祝祷をもって約1時間で終了しました。

 今年も様々な活動を通じて、この市川の地で神様の福音(良き知らせ)を宣べ伝えていくことができるよう、励んでいきたいと願っています。
この記事には画像も投稿されています。
よろしければ、PCでもご覧ください。

一覧へもどる

トップページへ